F・フォーセット、舞台が7日で打ち切り

ファラ・フォーセットのブロードウェイ・デビューとなるはずだった舞台が、プレビュー7日目で打ち切りとなり、本番を迎えることなく幕を閉じた。フォーセットは新作「ボビー・ボーランド」で、元ミスコン優勝者を演じるはずだったが、11月24日のオープンを前に上演されたプレビューの評判が悪く、打ち切りが決まった。プロデューサーは「この芝居はブロードウェイ向きじゃなかった」と言っており、オフ・ブロードウェイで新たな脚本でやり直す予定だという。また、オフ・ブロードウェイでもフォーセットを起用する意向であることも明らかにした。

猿之助の秀吉、中井貴一の信長、蔵之介の利家!『花戦さ』追加キャストとの戦国ビジュアル

野村萬斎主演の映画『花戦さ』に、山内圭哉、和田正人、吉田栄作、竹下景子が新たに参加することが発表され、現在公表されている主要キャスト11人が劇中衣装で勢ぞろいしたビジュアルが披露された。本作では豊臣秀吉、織田信長など教科書にも載っている歴史上の人物に、市川猿之助、中井貴一らがふんしている。 【場面写真】おっとりとした野村萬斎『花戦さ』場面写真 同作は鬼塚忠の小説「花いくさ」を原作に、織田信長(中井)が本能寺で倒れ天下人の座は豊臣秀吉(猿之助)へ引き継がれた16世紀後半、秀吉の圧政に真っ向から立ち向かった僧・池坊専好(萬斎)を描いた物語。新たに加わった山内は専好の兄弟子・専伯役、和田は専好の弟弟子・専武役、吉田は秀吉を支える智将・石田三成役、竹下は専好の良き相談相手の尼・浄椿尼役をそれぞれ担当する。 狂言師の萬斎だけではなく、歌舞伎、映画とさまざまな舞台で活躍する俳優陣が集まった本作の撮影。萬斎は「今回、豪華で個性豊かなキャストたちとお手合わせをする楽しさ・緊張感は一つの大きな醍醐味でした」と振り返ると、「ドラマの中では、対決の部分と仲間意識というものとのコントラストが場面ごとにあり、それぞれとの演技の掛け合いで造形されていった部分が多くあったかと思います。奥行きのある、とにかく見所満載の映画になったと思います」と満足げな様子をうかがわせた。 今回お披露目されたビジュアルにはもちろん新キャストだけではなく、刀ではなく菖蒲の花をもって秀吉に勝負を挑む専好や前田利家役の佐々木蔵之介、千利休役の佐藤浩市の姿も。なおこのビジュアルは、横幅約5m50cm×高さ約2m40cmのドデカパネルとして11月9日~14日の間、京都高島屋で開催される旧七夕会池坊全国華道展にて展示される予定とのこと。 映画『花戦さ』は2017年6月3日に公開 <役一覧:画像左から>石田三成:吉田栄作浄椿尼:竹下景子前田利家:佐々木蔵之介織田信長:中井貴一豊臣秀吉:市川猿之助池坊専好:野村萬斎千利休:佐藤浩市れん:森川葵吉右衛門:高橋克実専武:和田正人専伯:山内圭哉

バレンタインデー直前! 男性に選ばれる女性の秘密

バレンタインデーが日本古来の風習でないことも、チョコレートメーカーの商魂に乗せられたイベントだということもわかっている。 それでも、年に一度、男性も女性も、期待と懐疑心がないまぜになった「ソワソワ?ワクワク」感を持ちながら過ごす一日があってもよいのではないかと思う。 この日を機会に、気になるひとをデートに誘おうと考えている人がいるかもしれない。結婚に進もうと考えている男女もいることだろう。 大人の女性の「身支度」若いあなたにとってその恋が「遊びの恋」だとしよう。美しく着飾って媚態を振りまいていれば、男性は寄ってくる可能性は高い。 あなたがそろそろ結婚を前提とした、しかも長続きする関係を築きたいと思っているなら、それなりの「身支度」をしなければならないだろう。 それは少々時間もかかるし、お金もかかるかもしれない。でも、一朝一夕に手に入るほど簡単ではないけれど、身につけてしまえば付き合う男性の種類が変わってくるだろう。 会話の出来ない女地位も財産もある程度手に入れた男性は、かなりの確率で女性と遊ぶだろう。それは女性のいるお店かもしれないし、特定の女性を囲うという形かもしれない。 ただ、妻にしようと思ったときには、そのような女性は選ばない。 それなりに成功した男性たちに聞くと、「最近は若い女性を相手にするのが面倒だ」という。 おいしいものを食べに連れて行っても、それがどんなに手間ひまかけた料理なのかも分からない。食材の産地も知らない。 旅行の話をしても、観光地の歴史についてまったく興味を示さない。美術にも当然関心がない。 だんだん話題が尽きて、こちらがそんな女性のご機嫌を取る羽目になってしまい、いったい何のために飲みに来ているのか分からなくなる、というのだ。 厭味でない程度の教養それなりに社会経験をしてきた男性は、一流料亭で接待をしたりされたりする経験もあるだろう。海外出張で、一流ホテルに泊まったこともあろう。 クラシックの音楽やゴルフ、読書にも興味があるかもしれない。 「結婚したら将来は、妻と海外の美術館めぐりをしたい」というような夢を持っている人もいる。 「若さと美貌」だけでは、そのような男性の夢に寄り添うことは出来ない。 近頃の女性は、スポーツや音楽、カメラなどの趣味を持っている人も多い。それはそれで大事にするとして、男性がどんな趣味や興味を持っているかということに「想像を巡らせる」ことも必要だ。 男性向け雑誌をたまに覗いてみるのも良いかもしれない。…

ダイエットで15キロ減! 山田ルイ53世のビフォアー&アフター!

15キロ以上の減量に成功したお笑いコンビ・髭男爵の山田ルイ53世が、ダイエット前と後の写真を比較する形でオフィシャルブログに公開した。あまりの違いに目を見張る写真となっている。 「ルネッサ~ンス!」というギャグで一世を風靡(ふうび)した髭男爵。トレードマークのシルクハットを被り、横からの全身写真を「お腹ビフォア~&お腹アフター」という形で2枚公開した山田は、体重130超キロから15.75キロ減量したことを報告。ぽっこりと突き出ていたおなかが見事にへこみ、激変した様子が一目瞭然(りょうぜん)だ。 山田は私生活で、7月に第1子となる女の子が誕生したばかり。守るべき家族が増え、体調管理に一層気を使うようになったということだろう。

幼稚園は、事態の責任を負いません

保育園の両親は裁判所に連れて行かれた後。裁判所は、医学書によると、プロセスの過程を通して頭蓋内くも膜嚢胞は比較的安定した状態で、長期的、遅いと判断した。ケースは朝落ち、午後は、医学的知識と矛盾する疾患に罹患している、それは幼稚園の責任を負いません。繰り返しますが、2003年5月29日朝、公園の3歳の少年ビングを研究、朝の体操をやって子供たちが公園全体を整理幼稚園の先生も練習活動に参加しました。 9時00分ごろ、黄ビングの先生が突然、それが近くの病院に速く保持することであることを、地面に横たわって見つけたが、黄色の兵士が死亡した死亡した。後で故人の両親の依頼で、郡公安局は、剖検はイエローカードの兵士がライチ喉を持っていることがわかった。同定した後、異物気道閉塞の窒息のデッドライン。そのためには、保育所の黄色兵士の両親は裁判所に連れて行かれ。裁判所は、原告、被告が死亡したツバメライチから来ていることを証明することはできないと判示した。私は、原告の息子が保育園のライチを非難し、ライチは、それが窒息し、すぐに事件の後に病院に連れて行かれるであろう予測し、合理的な経営管理の障害を持っていないように義務の注意を緊急救助対策の両親に知らせることができないかわからない。サードパーティの故障に起因する学生が傷害を引き起こした。第三者が被害者にも外の第三者である幼稚園で他の学生を行うことができます。一緒にいるため、被害者の障害の第三者とけがの原因となった。事故による負傷のために4は、主に不可抗力の学校の生徒に起因する負傷を指します。

アヴリル・ラヴィーン、超豪華な結婚式を計画中

ロックバンド・ニッケルバックのフロントマン、チャド・クルーガーとの婚約を発表した歌手のアヴリル・ラヴィーンが超豪華な結婚式を挙げる予定で、ロマンティックなサプライズを織り込んでチャドを驚かせるつもりだという。 アヴリルが夫婦で楽曲提供! 映画『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』写真ギャラリー アヴリルとチャドはライアン・シークレストのラジオ番組に出演。「かなり豪華な式になる予定で、ちゃんとテーマも決めてあるの。盛大になるけどチャドでさえ、すべての詳細は知らないわ」と語り、ウェディングケーキには二人で作曲した曲の楽譜をプリントする予定であることも明かしている。 アヴリルは昨年8月に14カラットのダイヤの指輪でプロポーズされたときの様子についても語った。「レコーディングをしていたときの写真をスクラップブッキングしていたんだけど、チャドがその中に指輪を手にしているポラロイドを貼りつけたの。その下に「結婚してくれないか?」というシールも貼られていたわ。とてもロマンティックで、この人だって思えた」とコメントしている。 アヴリルと出会うまでは一生結婚しないと思っていたチャドはかなり緊張したとのこと。「ドキドキせずに世界中の何千人の前で歌うことができるのに、愛する女性と一生を過ごしたいと片ひざをついてプロポーズするのはものすごい緊張感だった。自分は生涯結婚することはないと思っていた時期もあった。でも彼女は嵐のように僕を巻き込んだんだ。結婚はどちらかと言うと僕のアイデアだったから、彼女が承諾してくれてラッキーだったよ」と語った。

ジェシカ・シンプソン第一子を妊娠?11月には結婚予定

昨年、NFL選手のエリック・ジョンソンとの婚約を発表したジェシカ・シンプソンが第一子を妊娠したとTouch Weekly 誌が報じた。 関係者によるとエリックの誕生パーティにだぶだぶの洋服を着て現れたジェシカはシャンパンにも手を付けなかったらしい。さらに食べ物の好みも劇的に変化したらしく「ジェシカは妊娠して食べ物の好みがヘンになったようです。ナチョチップスにチョコレートをつけて食べています。塩っけがあって甘いものが衝動的に食べたくなるようです」と食事の好みも劇的に変わったことを明かした。また、二人は11月に結婚する予定だという。なお、ジェシカ本人からのコメントはまだ出されていない。 ジェシカはプロポーズされた2日後に、自身のアパレルラインのプロモーションのため、カンザス州で写真撮影を行なったが、薬指には大きなダイヤモンドの指輪をしていたという。ジェシカは、エリックがスタイリストの元妻ケリー・ジョンソンとの離婚を申請したあと、すぐに交際をスタート。彼と結婚をして子どもがほしいとインタビューで語っていた。

ディーン・フジオカ「どんどん日本で活動したい気持ちに」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

NHK連続テレビ小説『あさが来た』で、薩摩藩出身の実業家・五代友厚を演じているディーン・フジオカ。’04年に香港でモデル活動をスタートさせ、翌年演技デビュー。その後、台湾で数々のドラマや映画に出演し、大人気スターに。 「初の朝ドラ、大変な部分もありましたけど、それ以上に楽しかったです。意味のある、意義のある時間でした。声をかけていただける機会も多くなりましたね。”五代なしでは生きられない”っていうくらいに入り込んでいただけたり、逆に僕自身に興味を持っていただけることは、すごくうれしいです(笑い)」 “逆輸入”俳優として、今年は『探偵の探偵』に次ぐ朝ドラ出演で日本女性のハートもギュッとつかんだ彼。実は昨年、北米ドラマデビューも飾っていた。 「うれしかったですね。いつか、出てみたいという気持ちはありました。通っていた大学が北米にあって、そこを離れるときに”いつか、この国に戻ってくるぞ”という気持ちがあったんです。そのときは、ウェブデザインを勉強していたので、まさか俳優として戻ってこられるとは思っていませんでしたけど」 北米デビュー作となった『荒野のピンカートン探偵社』は、1860年代のカンザスを舞台に実在するアメリカ最古の探偵社、ピンカートン社の創設期を描いたドラマ。ピンカートン探偵社を訪れる、謎の依頼人ケンジ・ハラダを演じているのがディーン。 「撮影で印象に残っているのは、寒かったこと(笑い)。マイナス35度になることもあって。外で話していると、息が湯気になってまつ毛につく。そうすると、そのまま凍って、目が開けられなくなることがあるんです。マイナス20度になると、どんな職業であれ、外で2分以上仕事をしたらいけないっていう労働基準法があるくらい。 ふだんは、暖かいジャカルタに住んでいるので、寒さは苦手ですね。基本はセットでの撮影だったんですが、できるだけ重ね着をすることで対策をとりました。ほかの時間は、用がなければホテルの外に出ない(笑い)。おとなしく、筋トレしたり、読書をしたりしていました」 当初は3、4回の出演予定だったが、最終的にはその倍に。それは、彼が登場する第4話を見たプロジェクトリーダーたちからの高い評価によって。 「ありがたかったです。そのぶん、行ったり来たりが増えて大変でしたけど(笑い)。ちょうど子どもが生まれるころだったので出産にも立ち会いたくて、ふたつのエピソードを撮ったら丸1日かけてカナダのウィニペグからジャカルタに帰ってという。同じ時期に、台湾や日本でも仕事があったので、去年の9月から今年の2月くらいまで、本当に慌ただしかったです」 住まいのあるジャカルタには、インドネシア国籍の奥さんと、1歳の男女の双子が。 「ふたりを両脇に抱いていると、癒されますね」と満面の笑みで語ってくれたが、来年1月スタートのドラマ『ダメな私に恋してください』も決まり、しばらくはひとり日本に滞在して俳優活動を続けるよう。 それは、両親に反対されても早く海外に行きたいと、高校卒業後に日本を離れるきっかけになった大の苦手な花粉の時期まで。 「そうなんです。ひどい花粉症なので、どうしようかと思って。しんどくなるなぁ(笑い)。基本、仕事があれば、どこにでも行くというスタンスは変えずにいたいんです。いま、こうして自分の祖国である日本で活動をさせていただいていることを家族、とくにおばあちゃんがとてもよろこんでくれていて。 朝ドラに出演できたことも自分にとっては、奇跡みたいなこと。テレビをつけたら、日本語で演技している孫がいるっていうことを、できるうちはやっておきたいなと思って。だから、日本で活動したい気持ちが、どんどん盛り上がってきています。 あと、生まれ育った福島の震災以降の現状も知りたいと思っています。今年は、久々に日本で除夜の鐘を聞くことができそうです。ジャカルタの家族と一緒に聞けないのは、残念ですが」 北米デビュー作『荒野のピンカートン探偵社』のDVD-BOXが’16年1月13日(DVD-BOX 1=6枚組)と2月3日(DVD-BOX 2=5枚組)が発売。 撮影/佐藤靖彦

「ウォーキング・デッド」原作者、「ゲーム・オブ・スローンズ」著者にがっかり

人気テレビドラマにもなっているコミックス「ウォーキング・デッド」の原作者ロバート・カークマンが、「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作者ジョージ・R・R・マーティンにはがっかりだと Rolling Stone 誌のインタビューでコメントした。 「ゲーム・オブ・スローンズ」は第5シーズンで原作に追いつき、現在放送中の第6シーズンは初めて原作の先を行くことになっている。これに対するジョージの対応の仕方がロバートは気に入らないらしい。ドラマが小説よりも先にストーリーを展開していく上で、ジョージは製作側と話し合いをし、新刊のあらすじを説明。重要な出来事三つを含む、具体的なストーリーを教えたと言われている。 う~ん、どうしたもんじゃろのぉ~ ジョージ・R・R・マーティン Stephen Lovekin / Getty Images 「僕なら絶対にそんなことはしない。その点ではジョージ・R・R・マーティンにはがっかりしている。あらすじを聞かれたら、『クソッタレ。ここからはお前ら考えろ。俺は自分のペースで書く』と言ってやればよかったんだよ」と語っている。 Digital Spy などによると、ショーランナーのデヴィッド・ベニオフはドラマが小説のネタバレになるリスクは少ないとコメント。「ドラマを観た後、小説を読んで驚くと思いますよ。今後のドラマの展開は小説とはかなり異なりますからね」と言ったという。

クリスティアーノ・ロナウドの生後4週間の息子が病院に駆け込む!ロナウドの留守中に一体何が!?

サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドの生まれて間もない息子、クリスティアーノ・ジュニアが14日、ポルトガルの私立病院へロナウドの友人に連れられて駆け込むという騒ぎがあったようだ。 ザ・サン紙によると、ジュニアは白いブランケットに包まれて、ロナウドの友人である女性に連れられて来たが、病院に2時間ほど滞在しただけで無事に帰宅したようだ。ロナウド本人は、知人の告別式に出席するためにポルトガルの北部へ出掛けているところだった。かわいい息子が大事に至らず、ほっと胸を撫で下ろしたのではないだろうか。 現在ロナウドと息子のジュニアは、ポルトガルの豪華な自宅でロナウドの母親や家族と一緒に暮らしている。自宅の周りには警備員を配置しており、ジュニアが病院に駆け込んだときも後ろからBMWに乗車した警備員がしっかりとガードしていた。警備員まで高級車に乗っているなんて、さすがスター選手はすべてがゴージャス。 ロナウドの息子は6月に誕生し、母親の名前は明かされていない。親権はロナウドが持ち、ポルトガルで自身が子育てをすると伝えられている。

Page 4 of 1,264« First...23456...102030...Last »