たのきんの素顔「金八先生はビニ本を配った」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

多くのスターを輩出した『3年B組金八先生』。30年以上続いた人気シリーズだが、金八先生以外で唯一、シリーズすべてにレギュラー出演したのが、津軽弁が特徴的だった大森巡査役の鈴木正幸だ。5年前から栃木県那須で田舎暮らしを選択し、今は田んぼや畑に精を出している鈴木に、第1シリーズで共演した”たのきんトリオ”について聞いてみると――。 「初めて会ったときから、トシちゃんは大人びてるなあと思っていたら、やっぱり年3つくらいごまかしてたんですよ(笑い)。だから、3人の中ではちょっと引いてみているというか。あのころからトシちゃんは自分がスターになるんだっていう意識を持っていましたね。マッチはとにかくやんちゃ。撮影待ちのときに巡査の手袋をガムテープでぐるぐる巻きにしてボールにし、三角ベースをしていましたよ。野村よっちゃんはニコニコして人懐っこい感じでした。愛嬌がありましたね」 39.9パーセントという高視聴率で第1シリーズを終えた。だが、同時間帯のライバル番組『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)との視聴率争いは、し烈だった。 「第1シリーズの打ち上げは、みんなが重圧から解放されて、すごく盛り上がりました。生徒たちは帰しましたけど、ほかの出演者、スタッフは朝まで付き合いました。武田さんは男子生徒にビニ本なんか配ってね。マッチには”おい、すぐにトイレ行くんじゃないぞ!”って。打ち上げの次の日に奥さんに言われたそうですが、打ち上げから帰ってきて家で寝ていた武田さんは途中で起き上がって”3Bの生徒がマンションのエントランスで金八先生って呼んでる。俺は行かなくちゃ”って言ったそうです。幻聴と幻覚を見たって。それくらい全身全霊をかけていたんでしょうね」

原恵一監督が敬愛する漫画家とは?『クレしん』名シーン誕生秘話を明かす

江戸風俗研究家で文筆家、漫画家である杉浦日向子の代表作「百日紅」を長編アニメ化した映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』の原恵一監督が、杉浦から受けた影響を明かすと共に天才浮世絵師・葛飾北斎のすごさ、魅力についてあらためて振り返った。 『河童のクゥ』原恵一監督が描く杉浦ワールド!フォトギャラリー 実はこれまで製作してきた映画にも杉浦作品を引用していたという原監督。「『百日紅の白木蓮の花がポタポタ落ちるシーンは、実は『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』でもやったくらいで。それぐらい好きだったので”ついにやるんだ!”という喜びと同時に”オレで大丈夫なのか”というプレッシャーもすごかった」と胸の内を明かした。 そこまで敬愛する杉浦作品の魅力を損なうことなく映像化するために原監督が徹したのは、「杉浦さんのいい道具になること」だった。「原作のエピソードを使ったものに関してはセリフも一言一句変えていないし、コマ割りもなるべくそのままにしています。そのコマの間を自分なりに埋めていったような感覚ですね。杉浦さんは漫画家としても、演出家として天才だと思います」と話す。 原監督がとりわけ身を砕いたのは、ヒロインのお栄、そして彼女の父である葛飾北斎の絵師としての力、絵の力の表現。「北斎がまずすごいのはその作品の数の多さ。本当に絵を描くことにしか興味がなかったんだろうなと。風景画の視点も独特ですよね。特に『神奈川沖浪裏』なんて、よくこんな絵が描けたなあと圧倒されますね。そんな天才的な画力を持つ絵師を描く物語なわけですから、画(え)に説得力がないとダメだと思っていました」と苦労を振り返る。 また原監督の思い入れが深かったという波のシーンは、ベテランのアニメーターに作画を依頼。「原画は松本憲生さんにお願いしました。松本さんにしか描けないだろうと。この作品には今回初めて一緒にやらせていただいた井上俊之さんをはじめ日本のトップアニメーターたちが参加してくれています。その躍動感のある映像を見てもらえれば、お栄や北斎の絵のすごさ、魅力もちゃんと伝わると思っています」と自信をのぞかせた。 映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』は全国公開中

デヴィ夫人、ブログに本音書けず、苦肉の策!「メルマガ始めました!」

時に過激ともいえる言動が話題を呼んでいるデヴィ夫人が、メールマガジンを開始することが明らかになった。17日にオフィシャルブログで「人々の心や気持ちを代弁し 弱い人たちの味方となり オピニオン・リーダーとして 日本を良くするため たたかっていこうと思います」と立ち上げにあたっての決意を表明している。 17日付の記事で「デヴィスカルノメールマガジン」の開始を発表したデヴィ夫人は同記事内で、現在のブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」を運営しているアメーバブログについて、「本音も自由に言えず 皆さまからの 貴重なコメントも削除される」と批判。 「そこで、 私は 誰にも左右されない 自由な 『メールマガジン』 を 始めることにしました。こちらのメルマガでは 私の意見や 集めた情報を 誰にも 阻まれることなく 全てお伝えできます」とメルマガ開始に至った経緯を説明している。 併せてデヴィ夫人は同日から24日まで無料のメルマガ会員を募集することを告知。また19日には新たなブログを作成中であることも明かしている。 デヴィ夫人は今月、滋賀県大津市のいじめ事件をめぐり、ブログで持論などを展開したことが話題に。12日のブログ記事では運営側が読者のコメントを一方的に削除していることへの怒りを表明していた。

マドンナの純資産が900億円超え

米歌手マドンナの純資産が10億ドル(約900億円)を超えたとWomen’s Wear Daily誌が発表した。 マドンナの才能は監督業にも! 映画『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』写真ギャラリー 2012年にポップミュージック界で最も稼いだミュージシャンに選ばれたマドンナの純資産は、これまで7億ドル(約630億円)と推定されてきたが、コンサートやオリジナル・フレグランスの成功が彼女を大台に乗せたという。 72公演が完売となったマドンナのMDNAツアーの興行収益は約3億516万ドル(約275億円)で、グッズの売り上げは7,500万ドル(約67億5,000万円)。コンサートのテレビ放送権とDVD売上でさらに1,000万ドル(約9億円)を稼いだといわれている。 また、オリジナル・フレグランス「Truth or Dare」の売り上げは6,000万ドル(約54億円)に達しているとのこと。ほかにも有名飲料ブランドVita Cocoに投資をしているほか、自身が経営するフィットネス・ジムHard Candyのチェーンも展開。娘と一緒に運営しているアパレル・ラインMaterial Girlからは1,000万ドル(約9億円)の収入があると推定されている。

もう一つのなでしこジャパン!ろう者の女子代表チーム、初のデフリンピック出場奮闘を描く

4年に一度、聴覚障害者のために開催されるオリンピック「デフリンピック」をどれだけの人が知っているだろうか。2009年9月、台北で開催されたデフリンピックにろう者女子サッカー日本代表チームが初めて出場した。サッカーに打ち込む選手たちのオリンピックでの奮闘に加え、おしゃれでおしゃべり好きな女性でもある等身大のろう者を描いた日本初の本格的長編ドキュメンタリー映画『アイ・コンタクト』が今秋公開される。 耳が聞こえない、あるいは聞こえにくい選手と監督からなる計18名のろう者女子サッカー日本代表チームは、高校生から社会人、中には既婚者もいるもう一つのなでしこジャパン。2005年にチームは結成され、サッカー経験から職場、住まいも北海道から兵庫までと、あらゆる点でバラエティーに富む。年に数回しか全員集合して合同練習することはできないが、それぞれの思いを胸に初めてのオリンピックに臨んだ。声を掛け合うことが難しい彼女たちは「アイ・コンタクト」を合い言葉にグループリーグ突破を目指し選手も、そして家族も奮闘する。生き生きとした彼女たちの姿に勇気づけられたり、励まされたりと何か感じるものがあるはずだ。 映画の冒頭では、わが子に聴覚障害があると知った親の戸惑いや苦悩が語られる。多くの健聴者が知らない事実も紹介され、作品を通して日本社会で聴覚障害者たちのたどった苦闘の道を垣間見ることができる。選手の言葉には「結婚相手はろう者がいい。健聴者には壁がある」など聞こえない現実と向き合った素直な言葉が多く、印象的だ。 本作の助監督である菊永ふみは、自身もろう者であり初めて映画制作に臨んだ。そして監督である中村和彦は、本作を撮るにあたって手話を初歩から勉強し、三年の歳月を注いで完成させたという入れ込みよう。監督は、暗い世相だからこそ、音のない世界であってもはつらつとした彼女たちを多くの人に観てほしいとメッセージを送った。 映画『アイ・コンタクト』は9月18日よりポレポレ東中野にて公開

エイミー・アダムス、クリント・イーストウッドの俳優復帰作でヒロインに!?イーストウッドの娘役!

クリント・イーストウッドが『グラン・トリノ』以来の俳優業に挑戦することで話題になっている映画『トラブル・ウィズ・ザ・カーブ / Trouble with the Curve』に、『ジュリー&ジュリア』のエイミー・アダムスが出演するかもしれないとバラエティーが報じている。エイミーは、本作でイーストウッド演じる野球のスカウトマンの娘役をオファーされている。 クリント・イーストウッド×レオナルド・ディカプリオ!映画『J・エドガー』場面写真 まもなくレオナルド・ディカプリオ主演の監督作『J・エドガー』が公開されるクリント・イーストウッドの次回作、それも監督作ではなく、2009年日本公開の『グラン・トリノ』以来となる久々の主演映画ということで話題になっている本作。ヒロインにあたる娘役には当初サンドラ・ブロックがキャスティングされるとみられていたが、バラエティーによると、ここへ来て、エイミーに娘役のオファーが出されているという。 本作は、イーストウッド演じる野球の老スカウトが、視力を失っていることを自覚しつつも、有望な人材を求めて娘とアトランタまで旅するさまを追った人間ドラマ。娘役は、名優イーストウッドの相手役となるため、それ相応の人材が求められるが、過去3度にわたってアカデミー賞にノミネートされているエイミーならば、その点は問題なしだろう。 今回、イーストウッドは俳優業に専念するが、監督を務めるロバート・ロレンツは近年のイーストウッド作品でプロデューサーを務めている人物であり、その才能はイーストウッドも太鼓判。イーストウッドの俳優復帰作ということで胸の高鳴るファンも多く、続報が待ち遠しい作品だ。

『トランスフォーマー』第6弾はバンブルビーのスピンオフか

人気アクションシリーズ『トランスフォーマー』の第5~7弾の全米公開日がつい先日発表されたばかりだが、第6弾はバンブルビーが主人公のスピンオフ作品になる可能性が高いとColliderが報じた。 『トランスフォーマー/ロストエイジ』特別映像 『トランスフォーマー』の第5~7弾の全米公開日はそれぞれ、第5弾は2017年6月23日、第6弾は2018年6月8日、第7弾は2019年6月28日に決定したと報じられていた。そして、原作のおもちゃを取り扱う米大手玩具メーカー、ハズブロの投資者向けのお知らせで社員が「この夏、Aリストの優れた脚本家たちと密接になって、映画『トランスフォーマー』の世界観を将来的にどのように広げていくかに取り組んできました。先ごろブライアン・ゴールドナー(ハズブロの最高経営責任者)が発表しました通り、2017年に同シリーズ第5弾が公開されるのを皮切りに、2018年にはバンブルビーを中心に据えたスピンオフ映画、2019年には次の章を描く作品をリリースします」と語ったそうで、続編と考えられていた第6弾はスピンオフになるだろうと同サイトは伝えている。 『トランスフォーマー』シリーズ全4作を監督してきたマイケル・ベイが、第5弾も続投すると認めたが、その際に「でも、今度こそ最後だ。次は誰か別の人にバトンを渡すつもりだよ」と語っており、バンブルビーのスピンオフになるとされる第6弾からは新たな監督に引き継がれる可能性が高い。そのほか、トランスフォーマーたちの故郷を舞台にしたアニメーション映画も別のスピンオフ作品として企画されていると過去に報じられていた。

エロ…佐々木希の美脚にくぎづけ!

モデルで女優の佐々木希が5日、自身のInstagramで、その圧倒的な美脚があらわになった写真を披露し、「脚やばいです」「エローい」と反響を呼んでいる。 【写真】かわいいっ!佐々木希の黒髪ロング 「『anan』魅惑の香港 ホテルのお部屋で撮影」とつづられていることから、これは発売中の女性週刊誌「anan」のオフショットであるよう。佐々木は、太ももまで見える超ミニ丈の衣装を身にまとい、ソファーにゆったりと寝そべっている。 このちょっぴり刺激的なショットに、ファンからは「可愛いし美人さんだしなんだか妖艶」「のぞみちゃん、エロいです まさに誘惑ですね!」「そのセクシーな脚に視線釘付け」と大興奮のコメントが寄せられた。 佐々木は、老舗料亭のおかみを演じる映画『カノン』や、韓国の人気男性グループ SUPER JUNIOR のイェソンとW主演を務める映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』の公開を今秋に控えている。

『ロリータ』女優のドミニク・スウェイン、実は遺伝子工学の研究者を目指していた

映画『ロリータ』で衝撃的なデビューを飾った女優ドミニク・スウェインが、新作『ザ・ガール・フロム・ザ・ネイキッド・アイ / The Girl From the Naked Eye』と過去の作品、そして近況についても語った。 同作は、ジェイク(ジェイソン・イー)がエスコート・サービスの運転手をしていたある日、サンディ(サマンサ・ストリーツ)という高級娼婦と出会い恋に落ちるが、彼女は何者かによって銃殺されてしまう。そこでジェイクは、サンディが残した携帯をもとに犯人を追いつめていくというアクション作品。ドミニク・スウェインは、ジェイクが犯人を追跡する過程で出会う娼婦役アリッサを演じている。 ドミニクは、小さい頃から女優を目指していたのだろうか。「実は、小さい頃は遺伝子工学の研究者になりたかったの。ところがある日、わたしの兄とともに制作したビデオテープを、映画『ロリータ』のオーディションに送ったの」と答えた彼女は、もちろん受かるはずもないと思っていたそうだが「彼らはわたしを選んでくれたの。それ以来わたしの人生が変わってしまったわけ。でも、ある意味女優という職業がわたしを見出してくれたと思っているわ」と女優を通して自己探求をすることになったようだ。 十代半ばで『ロリータ』という難しい役に挑戦したために、学校でイジメられるようなことはなかったのか。「わたしはハリウッドの近郊に生まれ、そこでは若い頃に映画に出演していると、同級生の間ではクールなイメージをを持たれるような環境だったし、あの映画は撮影から公開されるまで3年も掛かっていたから、同級生がわたしの映画を観てどう思うかということは、実は何も考えなくてよかったの。それに、ウラジミール・ナボコフの原作やスタンリー・キューブリックの作品も知らない同級生たちが多かったから、そういう心配はしなかったわ」と話した彼女は、ナボコフの原作をその時すでに読んでいたために、オーディション用のテープを送ることを決意したそうだ。 今作で演じたキャラクターについては「アリッサという娼婦は、アクションの激しいこの作品の中で、唯一新鮮な空気を感じさせてくれる役なの」と答えた後、共演者については「わたしのシーンはほとんどアクションがなく、他の共演者も撮影中にトレーニングしていたために、共演者とあまり会話することができなかったのは残念だった。でも、デヴィッド・レン監督は限られた時間と予算の中で、多くのアクションシーンをこなさなければいけなかったにもかかわらず、まるで映画『フェイス/オフ』で仕事をしたジョン・ウー監督のように、彼はスムーズに撮影していたわ」と明かした。 最後に、現在の活動についてドミニクは「今俳優だけでなくいろいろなこともやっていて、わたしが初めてプロデュースするスリラー作品『ホールディング・ゴッド / Holding God』のためにカナダに行くことになっている」と教えてくれた。さらにアニメ作品も企画中だそうで、女優だけにこだわらずに今後は活動していくようだ。

酒好きが決める、いちばんおいしいカップ酒とは

以前、Bitで「カップ酒専門バー」を取材しましたが、ますますカップ酒シーンが盛り上がっているようです。11月末に「日本酒文化研究所」というシンクタンクが主宰するカップ酒コンテストの大阪チャレンジへいってきました! 東京、大阪の2箇所で開催され、全国110社の蔵元からなんと187点ものカップ酒がエントリーし、投票によりグランプリと部門賞を選ぶというもの。11/6に行われた東京の本大会でめでたく初代グランプリに選ばれたのは、沢の鶴の『吟醸ひとはなぐらす』(画像)というカップ酒。カップ酒のイメージを一新するスマートで高級感のあるパッケージも新鮮! 業界初の真空充填という新しい技術を使っているということで、やっぱり味の新鮮さが違う気が。これなら女の子でもオシャレに飲めそうですよね?。大阪チャレンジでは、値段に関係なく好きな銘柄を選ぶ“いちばん好きやねん賞”を選出。純米酒?吟醸酒部門では福井の『福千歳』が、本醸造酒?普通酒部門では新潟の『鶴齢』が選ばれておりました。 集まっていたのは、『酒文化研究所』のホームページを見て応募してきた一般の酒好き、飲食店関係者など。会場内には日本酒のいい香りと静かな熱気がただよい、粋な着物姿の男女などもいてなんとなくツウ?な雰囲気も。番号順に並んでいるカップ酒をスポイトで5ccずつプラコップにとって試飲していくのですが、なにしろ数が多いので試飲するだけでけっこう酔っぱらいます。しかし、「自分だけのお気に入り」を見つけだす愉しみが存分に味わえました。ちなみに、個人的に気に入ったのは『ずーっと好きでいてください』という変わったネーミングの愛媛のカップ酒。丸みのあるカップのかたちもかわいく、来年のバレンタインには辛党の男性へのプレゼントにもイイかも。 イベントの最後には、「カップ川柳コンテスト」の結果も発表され、「非常用 持ち出し袋に そっと入れ」という作品がみごと大賞を獲得。…

Page 30 of 1,264« First...1020...2829303132...405060...Last »