坂本真綾「攻殻機動隊」草薙素子を卒業!寂しくも晴れやか笑顔!

人気声優の坂本真綾が20日、新宿バルト9で行われた『攻殻機動隊 新劇場版』初日舞台あいさつに出席、自身が声を務めた草薙素子役からの「卒業」に晴れやかな顔を見せた。この日は脚本の冲方丁、音楽のコーネリアス(小山田圭吾)、野村和也監督、黄瀬和哉総監督、そして製作総指揮を務めた石川光久も来場した。 映画『攻殻機動隊 新劇場版』フォトギャラリー 士郎正宗が発表したSFコミックを基に、主人公・草薙素子の過去と、攻殻機動隊の起源を描き出した本作。押井守が手掛けた映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(1995年)で少女義体の素子の声を担当した経歴を持つ坂本は「15歳のときに初めて『攻殻』の世界に参加して。20年後にまた素子をやるなんて思っていなかった」とコメント。また、音楽を担当したコーネリアスについて「この作品のおかげで巡り合わせていただいて。ご縁に感謝しています」と笑顔を見せた。 続けて「(同作関連の)舞台あいさつでは、毎回テーマを考えていた」と切り出した石川は、「(EXILE、三代目J Soul Brothersの)NAOTOさんが来た完成披露は『若い女性をわしづかみ』。押井(守)さんと神山(健治)さん、黄瀬と冲方さんと石川が登場した前夜祭のテーマは『(5人の頭文字をとって)KIOKU』。そして今日のテーマは考えに考えて『坂本真綾。25歳。青春』としました」と宣言。 冲方によると、昨日の前夜祭イベント後に飲みに行った際に、押井が「真綾はうまくなったね。『GHOST~』に出たときは本当に小さかったのに。あのときは5歳くらいだったっけ?」と言っていたという。それを受けて坂本が「そのままいくと今、わたしは25歳ということになる……という話を石川さんはしていたと」と補足すると、会場の微妙な雰囲気を察して「石川さん、すべりそうになると人にふるのやめてもらえますか!」とツッコみ、会場を沸かせた。 そして最後に「先ほど、小山田さんとのご縁に感謝したいと言いましたが、縁というものはわたしが大切にしたいもの。素子をやるのはご縁だったと思う」と切り出した坂本。「本当は逃げ出したいくらいの大きなプレッシャーはありました。でもやってみたいなと思い、愛を注いだ作品です。草薙素子でいるのは本日で最後。卒業は寂しいですが、幸せな気持ちで任務が完了したと思います」と晴れ晴れとした顔を見せた。 『攻殻機動隊 新劇場版』は全国公開中

野球場で中指を立てたレディー・ガガ 父親にひどく怒られたことを明かす

スーパーボウルのハーフタイム・ショーでM.I.A.が中指を立て、アデルもブリット・アワードで同じジェスチャーをして謝罪をしたことがニュースになっているが、レディー・ガガも父親に怒られたことを語った。 ガガは2010年にニューヨーク・メッツの試合を観戦していたときにパパラッチに中指を立てたところ、これを見た父親ジョセフが激怒したという。「父親に叱責されたのは2年ぶりだった。怒られた理由の一つは、公の場で悪い態度を取ったこと。もう一つはメッツの試合を見に行ったこと」と語る。父親ジョセフはヤンキースのファンなのだろう。 「ウィスキーやビールを飲みながら、イタリアン・ソーセージを食べて我を忘れるのが野球観戦の醍醐味じゃない? ただ、2年間もコンサートで世界を周っていたものだから、自分が有名人であることを忘れてたの」と地元に戻って浮かれていたと語る。彼女はなぜかプロモーション・ビデオの衣装を着て観戦し、ベロベロになっているところをパパラッチに見つかって写真を撮られ、中指を立てたらしい。「なんでパパラッチに見つかったのか、今でも不思議」とV誌のインタビューで語っているが、PVの衣装を着ていれば誰でも彼女を見つけることができるだろう。

第9回難民映画祭が開催決定 今年は北海道・兵庫でも

難民問題の認識向上を目指し、「難民」をテーマにした国内外の作品を無料で上映するUNHCR難民映画祭が今年も10月に開催されることが決定した。第9回を迎える今回は東京のほか、北海道札幌と兵庫県西宮でも開かれる。 紛争・迫害・人権侵害によって家を追われ、保護を求める人の数は年々増え続け、2013年末には第2次世界大戦後初めて5,100万人に上った。同映画祭は、そうした人々の恐怖や絶望、喪失感、そして希望と勇気、活力と成功のストーリーを紹介することで、難民・国内避難民・無国籍者の置かれた状況について理解を深めてもらうことを目的とする。 今年はシリア、トルコ、アフガニスタン、ブータン、ルワンダなど世界各国を舞台とした13作品の上映を予定。そのほとんどが日本初上映となる。 中でも注目は、信仰深いシリア人姉妹ファティマとアヤを主人公にしたイタリア映画『ボーダー ~戦火のシリアを逃れて~』。ファティマの夫がシリア政府軍を脱走し、自由シリア軍に加わることを決意したことによって命を狙われることとなった二人を待ち受ける運命を描く。 普段はなかなか自分の問題として考えることのない難民問題。映画を通して少しでも考えることのできる良い機会になるかもしれない。 <第9回UNHCR難民映画祭>【開催期間】東京:10月4日、11日~19日 北海道札幌:10月12日 兵庫県西宮:10月25日~26日【会場】東京:グローバルフェスタJAPAN2014、イタリア文化会館、セルバンテス文化センター東京、明治大学和泉キャンパス 北海道札幌:北海道大学札幌キャンパス 兵庫県西宮:関西学院大学西宮聖和キャンパス

キャメロン・ディアス、結婚するときはジミ婚を希望

野球選手のアレックス・ロドリゲスと交際をしていると報じられているキャメロン・ディアスが、豪華な結婚式は好まず、自分が結婚をするときはジミ婚にしたいと語った。 「わたしには豪華な結婚式の魅力や良さというのがわからないわ。そんな無駄遣いはできない。わたしは前もって計画を立てるタイプじゃないから、きっと教会に向かう20分前に友達に来れるかどうか電話をすると思う。わたしの結婚式はそんな感じになるんじゃないかしら」とキャメロンはのんきに語る。 37歳のキャメロンは、男性との交際を楽しむものの、将来までは計画しないとのこと。「わたしはロマンチストで結婚することが怖いとか、一生の誓約が怖いわけじゃないわ。わたしはすごく忠誠心があるし、やることすべてに傾倒する人間よ。でも、将来は不確かだから予測をするのはいやなの。週末に何をするかを決めることすらできない性格なんだもの」とコメント。男性との交際については、「駆け引きをしないこと、正直でいること、コミュニケーションをとること、自分がしてほしい態度を人に対してとること、あとは無条件の愛、これらが大事よ。でも、ルールというのは破られるためにあるから、実際はどうかしら」とパレード.comに語っている。

クォン・サンウ「男は偉ぶらないのが幸せを守る秘訣」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

2月中旬、ソウルのスタジオに現れたクォン・サンウ。まず驚いたのが、今年40歳を迎えるとは思えない若々しいルックス。スーツを着ていても”モムチャン”と呼ばれる筋肉美も健在であることが確認できる。 そんな彼が4年ぶりの韓国映画出演を果たし話題になったのが、現在ロードショー公開中の『探偵なふたり』。 家では赤ん坊の世話に追われる平凡な父親だが、外では一転、難解な事件を解決していく推理オタクというカン・デマン役を、コメディータッチの演技を交えながら熱演した。 「僕の新しい姿を見せられるかもと思い、この作品を選びました。家庭では昨年、娘が誕生し2児の父親になったこともあり、ほかのどの俳優よりも役にハマれる自信がありました」 その言葉どおり生後7か月だった赤ちゃん子役をあやす仕草は、まさに完璧なお父さん。 「子育てのシーンも悩むことなく、自然にできました。父親としての経験がすべて役立ったと思います」 カン・デマンには”恐妻家”というもうひとつの顔があるが、現実ではどうなのだろうか。 「自分は恐妻家か? うーん、それはどうかはわかりません(笑い)。でも、家に帰ったら男は偉ぶらないのが幸せを守る秘訣だと思います」と微笑む姿からは、仕事だけでなく家庭人としての充実ぶりも伝わってくる。 「7歳の息子にはもっと遊んであげたいと思う反面、1歳の娘のことを思うと、もっと仕事をしなければという気持ちに。ふたりの10年後のことをいつも考えています」 6~7月には、1年ぶりの来日イベントの開催も決定。彼のイベントと言えば野球拳や妄想ドラマの実演など、スターとは思えぬ大盤振る舞いなファンサービスが毎回話題に。 「ファンの方に喜んでいただくために、見せられるものはすべてお見せしなければという気持ちでやっています。今回も新しい愛唱歌を準備して、若々しくカッコいい姿で会いに行きます!」

J・ロバーツ、W・ライダー、それぞれの誕生日

10月28日に35歳の誕生日を迎えた新婚のジュリア・ロバーツ。夫のダニー・モダーがロバーツのためにクラブを借り切り、友人100人を呼んでサプライズ・パーティを開いた。招待客は全員フォーマルでばっちりキメ、ロバーツとモダーはカルテットの音楽でダンスを楽しんだという。一方、10月29日に31歳の誕生日を迎えたウィノナ・ライダーは、裁判所の中で誕生日を迎えた。前日には「万引きするために道具まで用意していた」とデパートの従業員に証言され、散々な誕生日になってしまった。

鶴瓶、大竹しのぶがくれた”謎の粉”に驚がく

笑福亭鶴瓶が27日、都内で行われた映画『後妻業の女』の初日舞台あいさつに大竹しのぶらと共に出席し、大竹からもらった謎の粉による恐怖エピソードを暴露した。この日は豊川悦司、津川雅彦、永瀬正敏、長谷川京子、水川あさみ、鶴橋康夫監督、黒川博行(原作)も登壇した。 【写真】長谷川京子、背中パックリドレスで魅了 直木賞作家である黒川の小説「後妻業」が原作の本作は、熟年婚活が倍増している現代日本を背景に、金持ち男の後妻に入って財産を狙う後妻業の女・小夜子(大竹)をはじめとした人間くさい登場人物たちが繰り広げる、愛と金にまみれた人間喜劇。 作品にちなみ、自分が後妻業をするなら誰をだますかを尋ねられた女性陣。長谷川は「情にほだされやすそう」という理由から鶴瓶を選ぶが、当の本人は「案外だまされないですよ。疑いますよ」と否定的。しかし、プライベートで交流のある津川から「めちゃくちゃ不用心」と指摘されたために、「ようだまされます」とあっさり認めるはめに。 そんな中、大竹が「みんなだませます」と言い切って会場をどよめかせると、その言葉に同調した鶴瓶は、緑の粉にまつわるエピソードを披露。鶴瓶が腰を痛めたときに、大竹から「すごく良いお薬があるよ」と緑の粉を渡されたそうで、鶴瓶は母親と共にそれを飲み始めたという。ところが、あとから大竹が飼っている犬もそれを飲んでいることを知って驚がく。 あげくに大竹の娘のIMALUが、犬が死んでしまうという内容の映画を観て泣いていたことから、大竹家の犬が亡くなったことを知った鶴瓶は、「あの緑の粉、飲んでたやつやろ!」とショックを隠し切れなかったとか。そんな衝撃的な話を興奮気味に語る鶴瓶に相反するように、大竹は「まぁそういうだまし方とか、いろんなテクニックがあります」と涼しい顔でトークを締めて、会場の笑いをさらった。 映画『後妻業の女』は全国公開中

ナタリー・ポートマン、パリにお引っ越し!夫がパリ・オペラ座バレエ団の監督に就任

ナタリー・ポートマンが、夫で振付師のバンジャマン・ミルピエがパリ・オペラ座バレエ団の芸術監督に就任することが決定したため、家族でパリに引っ越すという。 ナタリー・ポートマン出演 映画『ブラック・スワン』写真ギャラリー バンジャマンのパリでの仕事は2014年9月からスタートするとのこと。「監督の席が空くことは知っていましたが、バレエ団の中にも候補者がいると聞いていましたので打診されたときは驚きました。バレエ団側と話をするにつれ、もしかしたら選ばれるかも、という思いに胸が躍りましたよ」とNew York Times紙に語った。 外部の人間が監督に就任するのは珍しいことだが、自分が適任だと自信を持っているようだ。彼は「まったくのよそ者というわけではありません。僕はフランス育ちです。パリ・オペラ座のバレエ団や学校で学んだり、踊ったりはしませんでしたが、同じようなトレーニングを受けています」とコメント。 さらに「20年間大きなバレエ団で踊っていたので、スケールの大きさも理解しています。アメリカで過ごし、異なる伝統に触れてきた僕が監督に就任することは、オペラ座のダンサーたちにとってプラスになるでしょうし、もちろん僕自身もオペラ座バレエ団の素晴らしい特質から学ぶべきことがたくさんあります」と話した。

ベン・スティラー、エディ・マーフィの代わりにブレット・ラトナー監督のコメディ映画へ出演

ベン・スティラーが、降板したエディ・マーフィに代わってブレット・ラトナー監督の新作映画『トランプ・ヘイスト』へ出演するとロサンゼルス・タイムズ紙が伝えた。 本作は、数年前から黒人版『オーシャンズ11』として企画されている期待作であり、当初は降板したエディ・マーフィのほか、クリス・タッカー、クリス・ロック、ジェイミー・フォックス、デイヴ・チャペルの出演が決まっていた。ストーリーは、ドナルド・トランプ氏が所有するニューヨークのトランプ・タワーに住むセレブを相手に詐欺を働こうとするコミカルな内容で、今回白人であるベンが参加したことで脚本は一部手直しされるものの、抱腹絶倒なストーリーになることは間違いなさそうだ。本作の原案となったアイデアを、ラトナー監督と共に考えたエディが降板したのは残念だが、コメディ俳優として才能あるベンなら代役として文句なしといえるだろう。

ツイッターで連載し出版へ 米でピューリッツァー賞受賞作家が執筆 新たな小説発表形態となるか

ピューリッツァー賞受賞作家ジェニファー・イーガンが、米誌「ザ・ニューヨーカー」のオフィシャルツイッターアカウント(@NYerFiction)で、小説の連載を始めることが発表された。 小説のタイトルは「ブラック・ボックス / Black Box」。5月24日から6月2日までの10日間、午後8時から9時までの間(現地時間)、1分間に一つのペースでツイートされ、「ザ・ニューヨーカー」オフィシャルブログにもその日のツイートのまとめが掲載されるという。 小説「ア・ビジット・フロム・ザ・グーン・スカッド / A Visit From the Goon Squad」で2011年のピューリッツァー賞を受賞したジェニファー。かねてより寄稿していたザ・ニューヨーカーでの新たな試みに挑戦することとなったが、「ア・ビジット・フロム・ザ・グーン・スカッド」の中にもパワーポイントで書かれたスライドのページを織り込むなどその執筆スタイルは、以前から前衛的だった。 ツイッターで小説を発表した作家は、ジェニファーが初めてではなく、日本でも辻仁成が「つぶやく人々」というタイトルで小説をツイートしたり、「ツイッター小説大賞」といったものが開催され、140文字の小説を集めた本「Twitter小説集 140字の物語」が出版されたりしている。 しかし、今回のジェニファーの試みは、雑誌社がオフィシャルにツイートしていくという点、その後雑誌に掲載されるという点が興味深い。新聞への連載、雑誌での発表、作家たちの新作発表の形は多々あるが、昨今日本で携帯電話向けサイトで連載した小説が書籍化されるというのが流行したように、このジェニファーの試みは、新しい”ツイッター小説”の形として定着していくだろうか? 注目したいところだ。

Page 20 of 1,264« First...10...1819202122...304050...Last »