馬場良馬&中村優一、サッカー未経験で撮影にひと苦労

「モーニング」で連載されたサッカー漫画を実写映画化した『U-31』の初日舞台あいさつが27日、都内で行われ、主演の馬場良馬、共演の中村優一、根本正勝、末永みゆ、メガホンをとった谷健二監督が登壇した。 映画『U-31』予告編 強豪チームで戦力外となり、再起をかけて古巣の弱小チーム・ジェム千葉に戻ってきた元・日本代表の河野敦彦(馬場)が、自らの衰えという壁と闘いながらもチームを導いていく姿を描いた本作。撮影は実際のプロサッカークラブ、ジェフユナイテッド市原・千葉の協力のもとに行われ、馬場は登壇するとそんな周囲の協力に「ジェフのみなさんに全面協力をしていただいたおかげで、この映画を撮ることができました」と感謝の気持ちをしみじみ。 自身はサッカー少年ではなく、野球少年だったとも明かし、「衰えの来たサッカー選手の壁をどう演じようかって悩みました。でも『壁にぶつかったときのあがきを描きたいだけ、サッカーとか関係ない』と監督に言われてちょっと救われた気がした」と明かすと、現場の雰囲気についても「(共演者同士の)チームワークもよかった」とホッとした表情を見せた。 中村も馬場同様サッカーはほぼ未経験者だったといい、「ちょうど去年の今頃にサッカーの練習をしていました。体感トレーニングやら大変でした。ボールを持つ前の体感トレーニングの段階でもう疲れてしまうという……」と振り返ると、サッカーシーンの撮影では「カメラが俯瞰で遠いところから15分くらい流して撮っているんですけど、僕は影が薄くて、なかなかボールも回ってこなくて……」と苦笑い。根元がこれに「カメラにも映らないシャドーキャラクターでした」と反応して会場の笑いを誘った。 一方の根本はサッカー経験者。「サッカー選手の役が来たときは素直に嬉しかった。自分が好きなものを演じられることは役者冥利につきる」と嬉しそうに話すと、「(カメラが回っていないときに)共演者と個人的に話すことを大切にしていた。いろいろ話をして、その雰囲気がそのまま芝居の中に映ったら最高だなって思っていた」と感慨深げに話していた。 映画『U-31』は公開中

人気漫画の映画化作品『極道めし』に出演した注目の若手俳優・落合モトキの黄金めしとは?

人気グルメ漫画を映画化した映画『極道めし』に出演した若手俳優・落合モトキに直撃インタビューし、作品やプライベートについて語ってもらった。 『極道めし』写真ギャラリー 「このマンガがすごい!」大賞でもおなじみの人気グルメ漫画を映画化した『極道めし』は、刑務所で同房になった受刑者同士が思い出の「めし自慢」バトルを繰り広げる人情コメディー。受刑者それぞれが語る思い出のめし話を回想シーンとして挟み込みながら、刑務所でのやりとりが映し出される。傷害罪で服役中の受刑者・相田俊介を演じた落合は、囚人役に挑むにあたって坊主頭に。「こういう機会がないとできないですから、いい経験でした。嫌いじゃないし、すごくラクでしたね」とまんざらでもないようで、「また坊主頭になるような役が来たら、もちろん坊主にします!」と意気込みを見せた。 そんな落合演じる相田の”思い出めし”は、警察に追われている最中に立ち寄った実家で母親が作ってくれた”黄金めし”。温かいご飯の上にバターと卵とトウモロコシを乗せたもので、実に食欲をそそる一品だ。撮影で食した落合自身、「すごく美味しかったですよ。自分で食べた時も美味しかったんですけど、出来上がった作品を観た時も美味しそうだなと思えました」とシーンの出来栄えに満足気。ちなみに、彼自身の”思い出めし”は「親が残り物でちゃちゃっと作ってくれるパスタ」だそうで、「何気に美味しいんですよね。家族で食べるからっていうのもあるんでしょうけど、すごく印象深いです」と教えてくれた。 幼少期から子役として活躍し、長いキャリアを誇る落合だが、プライベートにまつわるインタビューを受けた経験はほとんどないそうで、初恋の話や好きな女性のタイプに話が及ぶと、少々照れる一幕も。しかしながら、柔らかな雰囲気の外見とは裏腹に、好きになった女子には積極的に想いを伝えようとするタイプらしく、「そういう時は自分でも気持ち悪いなと思うくらい押す」と意外なロールキャベツ男子気質を明かしてくれた。「いろんな人に認識してもらえる役者でありたい」と役者としての目標を語る落合だが、映画『ヒーローショー』や映画『GANTZ』などで「最終的に死ぬ役」が続いたこともあり、「最後まで生きる役をやりたいです(笑)」という願望も。では、『極道めし』での彼はどんなラストを迎えるのか……? 囚人たちが繰り広げるめし自慢バトルの行方とともにぜひ劇場で確認してほしい。 映画『極道めし』は9月23日(金)より新宿バルト9ほか全国公開

『クルーエル・インテンションズ』テレビ版、サラ・ミシェル・ゲラー出演!

映画『クルーエル・インテンションズ』のその後を描いたテレビシリーズのパイロット版に、サラ・ミシェル・ゲラーの出演が決まったという。 【写真】映画版『クルーエル・インテンションズ』のサラ・ミシェル・ゲラー The Hollywood Reporter などによると、サラは、映画版で演じたセバスチャンの義姉キャスリンを演じるとのこと。彼女は家業のヴァルモント・インターナショナルを乗っ取ろうとするほか、映画版のセバスチャン・ヴァルモント(ライアン・フィリップ)と、アネット・ハーグローヴ(リース・ウィザースプーン)の16歳の息子バッシュ・ケイシーも意のままに操ろうとたくらむらしい。 サラはInstagramで映画版とドラマのロジャー・カンブル監督と製作を手掛けたニール・H・モリッツとの、今と昔の3人の写真を投稿。「そうよ、『わたしはみんなから愛されているの。それを変えるつもりはないわ』のケイトリンが戻ってくる!! 『クルーエル・インテンションズ』のテレビ版に参加するの」とケイトリンの名セリフと共に報告をしている。シリーズ化が決定すれば、サラはレギュラーになるという。

ジム・キャリー、新作映画のため23キロの肉をプラスするウルトラ増量中!

映画『イエスマン “YES”は人生のパスワード』の主演で日本でも久々に元気なジム・キャリーを見ることができたが、彼のガールフレンドである女優のジェニー・マッカーシーがNBC系列のトークショーで語ったところによると、ジムは新作映画『スリー・ストゥージズ』の役作りのためにものすごい勢いで体重を増加させているらしい。 映画『イエスマン “YES”は人生のパスワード』写真ギャラリー 日本ではあまりなじみのないこの「スリー・ストゥージズ」という作品は、まだテレビも白黒時代の20世紀初期から中期にかけてアメリカで絶大な人気を誇ったコメディアン・トリオの名前で、同名のお笑い番組。モー、カーリー、ラリーからなる3人組のドタバタ・トリオは、アメリカのスラップ・スティックコメディーの大御所と言っても過言ではなく(日本で言うならば、ザ・ドリフターズ?)現代でも多くのファンを魅了している伝説的な存在だ。 コメディアン兼アクターとして、スリー・ストゥージズの一員を演じられると機会は願ってもない光栄。スリー・ストゥージズ3人の中でもおとぼけの真髄を披露しているカーリーを演じることが決まったときのジム・キャリーのうれしさは計り知れない。 さて、カーリーを見たことのある方ならおわかりと思うが、細身のジムに対して、カーリーはかなり太め、コロコロ体型である。 昨今ではCGで太らせてみたり、昔ながらのファット・スーツ(肉ジュバンのようなもの)を着て体重を増加させたように見せることもできるのだが、そこは熱血ジム・キャリー。そんなうそっぱちはやらないと、カーリー仕様の体にするために努力を始めたわけだ。 「ジムったら、カーリーのために50パウンド(約23キロ)は増やすって言ってるわ」と語るのはガールフレンドのジェニー。「手っ取り早く言えば、ジムの増量計画はデザートを存分にエンジョイするってことだけどね。かなり楽しんでるみたいよ」と笑う。 ジムとは正反対に最近ダイエットしてまたまた細くなったジェニー。思う存分食べるジムを見てイラつきませんか、との質問に、「そうねえ、でもジムは熱心に頑張るコメディアンだから……だけど、もし彼が300パウンド(約136キロ)とかになっちゃったらどうなるのかしら?」と冗談交じりに顔を引きつらせる。でも、すぐもとの笑顔になり、「よっぽど彼のこと愛してないとね」と締めくくった。 役作りのために体重の増減をするメソッド・アクター(演じる者に私生活でも成り切ってテンションの高い役作りに取り組む役者のこと)は、今までにも映画『レイジング・ブル』のロバート・デ・ニーロや、映画『マシニスト』のクリスチャン・ベイルなどいるが、お笑い役者でそこまで入れ込むのはそうそうあることではない。 ジムに加えて、ラリー役にショーン・ペン、モー役にベニチオ・デルトロというそうそうたるメンバーがそろう予定の『スリー・ストゥージズ』だが、内容はバイオエピック(伝記)のようなものではなく、スリー・ストゥージズの往年のコントに基づいたストーリー作りになるらしい。全米での公開予定は2010年。

“和製マイケル”三浦大知の挑戦 大躍進の1年も変わらず

1997年にFolderのメインボーカルとしてデビューし、今年でソロデビュー12周年を迎えた三浦大知(29)。「歌って踊る男性ソロアーティストは売れない」ともいわれる日本で自らのスタイルを貫き続け、その卓越した歌唱力とダンスパフォーマンスで”和製マイケル・ジャクソン”とも称されている。そんな三浦が22日に最新アルバム「HIT」のリリース。常に挑戦を続ける自身の音楽について語った。 【写真】約16年ぶりに共演した満島ひかり&三浦大知 かつて三浦と共にFolderの一員を務め、現在は女優として活躍する満島ひかりは2013年、三浦とMTVの番組で対談したときに「多くの人に受け入れられるための形ではなくて、大知の形を変えずにもっともっと多くの人に(大知を)見てほしい」と語っていたが、この1年は三浦にとってまさにそれがかなった年になった。 昨年5月「ミュージックステーション」に初出演し、冒頭30秒をアカペラで歌いながらダンサーたちと息の合ったダンスを披露したことが大きな話題に。最新シングル「EXCITE」は「仮面ライダーエグゼイド」の主題歌に起用され、デビュー20年目にして初のオリコン1位を獲得。今年1月には自身初となる国立代々木競技場第一体育館でのワンマンライブを開催。チケットは一般発売後1分でソールドアウトする人気ぶりで、自身最多となる1万2,000人を動員した。 しかし、三浦自身は「もちろん初めて出させていただくテレビ番組やイベントがたくさんあったり、そういう部分でいうとすごくありがたい1年だなと思っていますが、今年だけが特別だったわけではないんです」と至って冷静。「今まで続けてきたから、今こうしてみんなに見てもらえる機会が増えてきたんだなと思うので、続けてきて良かったなと思っています」と強調する。 昨年12月には第1子男児が誕生 その中でもあえて何が一番印象に残っているかを聞いてみると、「(Mステのアカペラダンスでも話題になった)『Cry & Fight』という曲を作れたことが一番大きかったと思います」と三浦。「自分の中で日本らしさと海外の音楽をうまく解釈して作れたと思っていて、そのパフォーマンスも皆さんにすごく楽しんでいただけたので、それを作れたのは2016年のスタートとしてすごく良かったと思います。それがあったから仮面ライダーがあったり、いろいろなことにつながったと思うので」。 昨年12月には2015年に結婚した一般女性との間に第1子男児が誕生し、プライベートでも大きな変化が訪れた。三浦は「かわいいですね」と目を細めながらも、「育児はすっごく大変なので世のお父さんお母さんというか、親ってすごいなと思います」と感心しきりだ。 一方で5年後、10年後のビジョンについては意外にも「あんまりないですね」という。それは「5年後も10年後も今と同じで歌って踊っていたいし、とにかく積み重ねが大事だと思うので。一個一個しっかり自分がやってみたいことや、チャレンジしてみたいこと、目の前のことをちゃんとやっていかないと5年後も10年後もないのかなという気がするので」という思いがあるから。 22日にリリースした1年半ぶり6枚目のニューアルバム「HIT」に収録されるリードトラック「Darkest Before Dawn」のミュージックビデオでは、事前に振り付けをせず、ただ一人即興で踊り続けることに挑戦。「全編フリー、しかも一人でやるということはなかなかなかったので、そこはすごくチャレンジでしたね」と語る三浦だが、「(即興ダンス自体は)ライブのときもちょこっとあったりするので、いつもやっていることといえばやっていることなんです」と余裕の表情。 「変わらず変わり続けたい。常にチャレンジャーとして探求し続けるというか。(自分は)まだまだっていう気持ちが強いので、まだ自分ができる可能性や、自分自身のまだまだできることを探しながら、こうやったら楽しんでもらえるんじゃないかみたいなことをいっぱい模索していけたらいいなと思っています」。 ニューアルバム「HIT」とライブDVD / ブルーレイ「DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館」は発売中

ギア様の娘が日本でデビュー!

30日の夜に『Shall we Dance? 』の来日スーパープレミアが、新高輪プリンスホテルの大宴会場飛天の間で開かれた。 主演のリチャード・ギアと監督が参加し、さらにオリジナル版から周防正行監督と草刈民代夫妻らも応援に駆けつけた。総費用1億円をかけた映画史上初となる社交ダンス付き舞台あいさつでは、8組のプロダンサーが華麗なダンスを披露し、映画の見せ場を再現した。 この日、ご機嫌だったギア様は舞台あいさつ後に司会者からマイクを拝借すると、自分の義理の娘とその友人を舞台に招き「私の娘たちのデビューです!」と美しく着飾った娘たちを誇らしげに紹介した。 映画はすでに世界19カ国で公開されており、日本でグランドフィナーレを飾ることになる。大の親日家として知られるギア様は、日本のマスコミ陣も大好きなようで、「礼儀正しい対応をありがとう!」と苦手な写真撮影を自ら延長するほどだった。 『Shall we Dance? 』は4月23日より全国東宝洋画系にて公開

『ウルヴァリン』第3弾はR指定に?

ヒュー・ジャックマンが主演の人気スピンオフ『ウルヴァリン』の第3弾はR指定になるようだと Comicbook.com などが報じた。 【写真】ヒュー・ジャックマンの肉体美! 本作を手掛ける20世紀FOXが、ニューヨークで開催された Toy Fair 2016 にて配布したパンフレットに、本作のレイティング予想はR指定(17歳未満の観賞は保護者の同伴が必要)と明記されていたという。 同じく20世紀FOXが製作・配給を務め、マーベルコミックスの異色ヒーローを描いた『デッドプール』がアメリカで2月12日に封切られてから、20世紀フォックス史上最高のオープニング興収を記録するなど、大ヒットとなっていることを受け、これまでPG-13(13歳未満の鑑賞には保護者の同意が必要)だった『ウルヴァリン』シリーズをR指定路線で製作しようと決断したのではないかと同サイトは指摘している。 また、すでに『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』で敵役としてウルヴァリンと対峙していたデッドプール(ライアン・レイノルズ)だけに、その競演が再び実現する可能性や、X-MENの中で攻撃的なチーム・Xフォースとのクロスオーバーなども考えられているのではないかとの意見もある。ヒューがウルヴァリンを演じる最後の作品となる本作は、2017年3月3日の全米公開予定。

「100万回生きたねこ」佐野洋子さんドキュメンタリー、絵本未発売ドバイでも好評

小谷忠典監督『ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ』が、アラブ首長国連邦で開催された第9回ドバイ国際映画祭アジアアフリカ・ドキュメンタリー部門で上映された。残念ながら受賞は逃したが、韓国・釜山、イタリア・トリノと回って国際映画祭は3か所目。他からもラブコールが届いており、映画はさらに世界へと羽ばたいて行きそうだ。 『ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ』写真ギャラリー 同作品は、2010年に亡くなった作家・佐野洋子さん作・絵の絵本「100万回生きたねこ」の世界観を、年齢も環境も異なる女性読者の身体を通して伝えるもの。佐野さんがカメラに写ることを嫌い音声インタビューのみの取材となったため、熟考した末に生まれた異色のドキュメンタリーだ。 絵本は中国や韓国、フランスなど世界6か国で翻訳版が発売されたが、残念ながらアラブ語版はまだ。英語版も絶版中だ。しかし絵本の朗読シーンと、死を前に達観した発言を放つ佐野さんのインタビューには客席から度々笑いが起こり、佐野さんの魂は国境を超えて伝わることを改めて印象付けた。 小谷監督は「実は亡くなる1年ほど前に、言葉をうまく話せなくなった佐野さんから撮影を止めたいと言われたことがありました。間に入って『せっかくだから最後までやろうよ』と言ってくれたのが、息子で絵本作家の広瀬弦さん。今こうしてドバイまで来られたのは、佐野さんたちのおかげです」と喜びを噛み締めていた。 また本作には一般読者に混じって唯一、女優・渡辺真起子が出演している。小谷監督が前作『LINE』でトリノ国際映画祭に参加した際、同じく主演映画『トルソ』で参加していた渡辺と遭遇。本作の企画を話したところ、偶然にも渡辺と広瀬さんが同級生だったことから、佐野さんの足跡をたどる案内人役で参加することが決まった。 渡辺といえば先日、第55回アジア太平洋映画祭で最優秀助演女優賞を受賞したが、小谷監督は「渡辺さんは短絡化されたキャラクターで作品をごまかしたり、役柄に逃げ込むことで自分自身を守るような俳優ではありません。リスクを承知で演技の中に等身大の姿をも表します。それはスクリーンに命を宿す行為です」と賛辞と感謝の言葉を贈っている。小谷監督は次回、写真家・石内都のドキュメンタリーに挑む。 『ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ』はシアター・イメージフォーラムにて公開中 そのほか全国順次公開予定

三浦孝太&涼介、”名付け親”宇津井健さんを悼む…親子2代でお世話に

俳優の宇津井健さんが14日、82歳で死去したことを受け、俳優の三浦孝太・涼介の兄弟が追悼コメントを寄せた。二人の両親、三浦浩一と純アリスの夫妻は宇津井さんにお世話になっており、兄弟の名前も宇津井さんに相談した上で決められた、いわば”名付け親”だったという。 孝太は14日付のブログで宇津井さんの訃報に触れると、「実は宇津井健さんと奥様に、僕らの両親は昔から可愛がっていただいていて、宇津井さんの奥様が字画とかを見れるので僕らの両親は、僕ら三兄弟とも宇津井さんに相談して名前を最終決定したんだと、よく話していました。三兄弟とも宇津井さんに赤ちゃんの頃に抱っこもしてもらったそうです」と振り返り、故人をしのんだ。 宇津井さんは2000年の「葵 徳川三代」で毛利輝元を演じており、孝太も放送中の「軍師官兵衛」で毛利輝元を演じているという縁もある。孝太は「素晴らしい名前を付けてくれた親の一人である宇津井健さん.. 大人になってから1度御会いしたかった..役者として御会いしたかった..」と悔しさをにじませつつも、「宇津井さん、悠人、孝太、涼介、元気に育ちました!! 天国でゆっくりお休みください..」と悼んでいる。 また、弟の涼介も15日にブログを更新すると、宇津井さんを追悼。涼介は2005年のテレビドラマ「ごくせん」で共演を果たしており、当時「宇津井健さんに現場で突然呼ばれドギマギしながら宇津井健さんの移動車の中に入っていくと 元気? お父さんやお母さんは? 元気?」というやり取りがあったことを明かした。「父親や母親はお世話になっていました。そして、僕達兄弟の名前を一緒に考え悩んで下さった。とても素敵な人 俳優さん。とにかく悲しいです」と胸中をつづった。

ミスター・ビーン、愛車でプレミア会場へ

ミスター・ビーンこと ローワン・アトキンソンが、ビーン映画の新作『ミスター・ビーンズ・ホリデー』のロンドン・プレミアに出席した。アトキンソンは、ビーンの愛車であるミニに乗って、会場のレスター・スクエアに登場。ビーン役について「彼は子供のような人間で、子供を演じるのは楽しいものさ。でもすごくナイーブで傷つきやすく、突然乱暴になったりもする。本当に、10歳の少年のようなものさ」と語った。プレミアには、映画監督役で出演したウィレム・デフォーも出席した。

Page 2 of 1,26412345...102030...Last »