N・ノルティ、血液検査のやり直し

“飲酒および麻薬の影響下の運転”と”規制薬物の使用”の2件の罪で起訴されることが確定したニック・ノルティの罪状認否の日取りが先送りとなった。原因はノルティの弁護士が、警察が行った血液検査の結果を不満としたからだ。血中からデート・レイプ・ドラッグが検出されたという報告に、ノルティの弁護士は「彼は麻薬や違法な薬物は一切使用していない。検査が誤っている」と主張。独自で検査をやり直す許可をもらい、日付が先送りとなった。ノルティは飲酒および薬物を使用しないことと不定期に行われるドラッグテストに応じることを条件に仮釈放を許された。[マリブ 10月28日]

『トランスフォーマー4』に中国人女優リー・ビンビンが出演決定!

キャストの一新が決定している映画『トランスフォーマー』シリーズ第4弾に、中国人女優リー・ビンビンの出演が決定したことを米パラマウントが発表した。リーは『バイオハザードV:リトリビューション』のエイダ・ウォン役で知られるほか、ジャッキー・チェン主演の『ドラゴン・キングダム』や『1911』に出演している。 リー・ビンビン出演!映画『1911』場面写真 先月、米パラマウントは中国企業「CHINA MOVIE CHANNEL」「Jiaflix Enterprises」の2社と提携して同作を製作することを明らかにしており、中国での撮影や中国人俳優の起用が決まっていた。 今回の起用について監督のマイケル・ベイは、「リー・ビンビンがキャストに加わってくれて、しかも彼女の生まれ故郷で撮影できるなんてワクワクしているよ。僕はいつも最高のキャストと仕事をしたいと思っているから、リーの参加は本当にエキサイティングだね」とコメント。リーが演じる役柄に関してはまだ明かされていない。 本作はこの夏にアメリカと中国で撮影を開始し、2014年6月の全米公開を予定。主演に『テッド』のマーク・ウォールバーグ、ヒロインに『エアベンダー』のニコラ・ペルツが決定している。

安達祐実、顔は幼いのにカラダは大人の美くびれ!

タレント・女優の安達祐実が、「カーヴィーダンス」で知られるボディーメイクトレーナー樫木裕実のオフィシャルブログで、1児の母のものとは思えない美くびれを披露している。 これまでにも多くの芸能人の秘蔵写真を公開している樫木のオフィシャルブログ。7日付の記事では以前からファンだったという安達のショットを公開した。「顔は童顔で身体は大人のくびれ」と絶賛するだけあって、とても1児の母とは思えないボディーラインだ。樫木は「ここから益々進化させていくのだぁ~」とさらなる美くびれを追求していくことを約束した。 芸歴が長いのでついつい勘違いしてしまいがちではあるものの、安達はまだ30歳。だが、その童顔と体つきを見る限りはまだまだ二十代前半でも通りそう? 今後、ボディーを鍛え上げられた安達がどのような変身を遂げるのか、ファンは楽しみにしていることだろう。

人気ゲーム「Fate/stay night」新劇場版、シリーズの最終形に!「先輩にならいいです」桜、意味深セリフ!?

人気ゲーム「Fate/stay night」の新作劇場版アニメーション『Heaven’s Feel』の製作が決定した。27日に行われた「Fate Project 最新情報発表会」にて、明らかになった。 「Fate/stay night」新プロジェクト始動!フォトギャラリー 同発表会では、「Project Fate/stay night」として、三つの情報が発表された。一つ目は、テレビアニメ「Fate/stay night」(TOYKO MXほか)が10月4日24時より放送されること。二つ目は、PCゲーム「Fate/stay night [Realta Nua]」の「Fate(セイバールート)」がスマートフォンアプリとして期間限定で無償開放されること。そして三つ目が、この二つを踏まえた上で最終形を成す物語となる劇場アニメ化の決定だ。 映画『Heaven’s Feel』は、メインキャラクターの一人、遠坂凛をヒロインに描くテレビアニメ「Fate/stay night」の「Unlimited Blade Works」(凛ルート)の凛と血を分けた姉妹でありながら幼いころに養子に出された少女・間桐桜に焦点を当てたストーリー。桜の恋愛模様や魔術師同士の戦いである聖杯戦争に巻き込まれていくさまを描く。 オフィシャルサイトではプロモーション映像も公開されている。聖杯戦争に関する説明から始まり、雨の中たたずむ桜のアップが映し出され、「もし、わたしが悪い子になったら先輩は叱ってくれますか」と問う桜に対して「ああ。桜が悪いことをしたら怒る。きっと、他のやつより何倍も怒ると思う」という男性の返事が。その後、振り向いた桜が「良かった。先輩にならいいです」とほほ笑むみ、どこか不吉さを感じさせる効果音が流れる中、ピンク色の文字の作品タイトルが浮かび上がってくる。 「Fate/stay night」は2004年にゲームが発売されて以来、2005年にはテレビアニメ化、2009年には『劇場版 Fate / stay night – UNLIMITED BLADE WORKS』が公開されるなど、さまざまなメディアミックスを展開している人気シリーズ作品。

釈由美子、ペニオク問題に悲しい…「私はホントのことしか書かない」

釈由美子が、話題になっているペニーオークション問題にオフィシャルブログで言及し、「何を発していいのかブログをやることさえも怖くなりそう」と心境を明かしている。釈自身は「私は、ブログにホントのことしか書かないし誰かにやらされてるわけでも義務でもない」とつづっており、関与を否定している。 釈由美子出演!映画『リトル・マエストラ』場面写真 複数のタレントが落札していない商品を落札したかのようにブログに書き込んだことで問題になっているペニーオークション。ほしのあきをはじめ、ピースの綾部祐二などが関与を認めて謝罪している中、釈は15日付けのブログで「日本では、ステマが問題になってるそうですね?」と言及。 釈自身は真実しかブログに書かないとした上で「今回の騒動がきっかけで自分が心からいいと思えるものを少しでも、みんなに伝えたいという誠意が曲がって伝わるようになってしまうのはとても悲しいことです」とコメント。「改めて、公人としての発言の影響と責任の重さを痛感しました」と明かした。 最後に釈は改めて「これからも、真摯に、飾らないありのままの言葉で今の私を伝えていけたらと思っています」とつづり、ファンに誠実でいることを誓っている。

子ブタが大暴れ!妻夫木は「僕が抱くとおしっこする…」とボヤく

4日、実話を基にした感動作映画『ブタがいた教室』の公開に先駆けて、完成披露試写会がTOKYO FMホールで開催され、監督の前田哲、主演の妻夫木聡、生徒役の子どもたち、そして子ブタが舞台あいさつを行った。 映画『ブタがいた教室』 この日は、映画に登場した子ブタのPちゃんではなく、埼玉県鳩山牧場からやって来た生後2か月の子ブタが登場した。フォトセッションの際に、前田監督が子ブタを抱くと「ブーブー」とブタの鳴き声が会場中に響き、あげくの果てに前田監督の手を振り払って逃げ出すなど大騒ぎ。そんな終始子ブタに振り回されている前田監督の様子を、妻夫木や子どもたちは大爆笑して見ていた。 妻夫木が、子ブタのPちゃんに「たまにおしっこを漏らされて」と撮影当時の悩みを持ち出すと、前田監督は「ブタも人を見るんだ」と即答。妻夫木は、「ポスター用の写真撮影のときも、僕がPちゃんを抱くとおしっこをしちゃって、濡れた靴を履き替えたと思ったら今度は大を……」とブタをめぐった苦労話を語った。実際、ポスターに採用されたのはPちゃんの顔だけというさらに悲しいオチも付いていた。 『ブタがいた教室』は1993年にドキュメンタリーとしてテレビ放送され、ギャラクシー賞奨励賞などを受賞し大きな反響を呼んだ実話を基にしている。6年2組を担任する新米教師(妻夫木)と26人の生徒が卒業までの1年間、食べる約束で子ブタを飼い始めたが、大切に育ててきたブタを食べる食べないで、クラス中に大論争が巻き起こる感動作。さらに、10月に開催される第21回東京国際映画祭にてコンペティション部門出品作品に決定した。 映画『ブタがいた教室』は11月1日よりシネ・リーブル池袋、新宿武蔵野館ほかにて全国公開

「スポンジ・ボブ」Eテレで4月スタート!地上波初登場の新エピソード

人気アニメ「スポンジ・ボブ」が、4月4日よりNHK Eテレで放送開始となることがわかった。今回放送されるのは、地上波初登場の新エピソードとなる。 映画『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo(う~)!』作品情報 「スポンジ・ボブ」は、米国ニコロデオン・チャンネルで絶大な人気を誇るテレビアニメシリーズ。海底都市ビキニタウンに住む、黄色くて四角い海綿スポンジ・ボブと仲間たちの活躍を描いたコメディーだ。日本でも2000年にテレビ放送が開始されて以来、キャラクターグッズと共に幅広い層の支持を獲得してきた。 そしてこのたび、最新劇場版『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo(う~)!』が5月16日に公開されるのを前に、「スポンジ・ボブ」が再びNHKに戻ってくることに。ファンは必見といえるだろう。 アニメ「スポンジ・ボブ」は4月4日よりNHK Eテレで放送開始 毎週土曜午後6時~

映画『オデッセイ』×「宇宙兄弟」予告編!次元を超えたコラボ映像

マット・デイモン主演、リドリー・スコット監督の超大作『オデッセイ』と、テレビアニメ「宇宙兄弟」のコラボレーションが実現した。公開された予告編で、火星に一人取り残されたマットふんする宇宙飛行士マーク・ワトニーの奮闘を宇宙兄弟が見守っている。 『オデッセイ』は、火星での有人探査の最中、猛烈な嵐に巻き込まれ、一人取り残されてしまった宇宙飛行士のマークが、空気も水も通信手段もない厳しい環境で、知恵と精神力を絞り出し、NASAの救出を待つというサバイバルを壮大に描くSFアドベンチャー。 今回公開された予告編は、マーク同様に宇宙飛行士である六太と日々人の兄弟が、たったひとりで火星に取り残されてもポジティブに生き、何があってもあきらめないマークを応援するという内容。宇宙飛行士ということ以外にも、ひらめきや精神力といった共通点を持つマークと宇宙兄弟が、映画とアニメの次元を超えて共演する特別な予告編だ。 全米1位スタートを切った『オデッセイ』は、トータルの全米興行成績が1億9,706万7,346ドル(約236億4,800万円・1ドル120円計算、数字は宣伝調べ)に達し、リドリー監督作品史上、最高の成績を記録している。 映画『オデッセイ』は2016年2月5日よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国公開

あなたは喜婚男 避婚男

最近、身のまわりに愛妻家&子煩悩な人が多いなー、漠然と思っていた私。30~40代くらいの男性と仕事でご一緒すると、雑談の際などに「昨日は奥さんと●●へデートして……」なんて照れることなく語ったり、わが子の幼稚園行事で奮闘した話などを嬉々としてする人が増えてきた。ひと昔前の昭和な男性、たとえばうちの父親なんかだと仕事第一で家事育児には無縁、まして職場で妻子の話をする姿など想像もできなかったものだけど……。いつからこんな「オウチ第一主義」の男性が増えたのだろうか? そんな違和感をみごとに分析にしてくれたのが本書、『喜婚男と避婚男』(新潮新書)である。著者は「ツノダ姉妹」なる、バブル期に青春時代を過ごしたというマーケッター。表紙裏にご本人たちの写真も載っているのだが、「知的な叶姉妹」といった感じのゴージャスなお二方である(2枚目画像参照)。 現代はひそかに「男の時代」となっている。彼らは昔のように仕事や遊びで外を飛び回るのではなく、オウチの中で静かな幸せを楽しむことにめざめている。それが、「喜婚男」と「避婚男」だ……というのが本書の趣旨。「皇太子殿下は喜婚男の先駆者」「『偽装喜婚男』ダルビッシュ」「避婚男から喜婚男へ転向した松本人志」などなどワイドショー的トピックスで時代の気分を追いつつ、今ドキ「喜婚男」と「避婚男」の生態を絶妙に解き明かしてくれる。 妻子を心から愛しそれをアピールして恥じない「喜婚男」と、結婚にメリットを見出さずマニアックな趣味の世界に生きる「避婚男」。『電波男』を筆頭に「避婚男」はネット界で既におなじみの存在と思うが、ひそかに増殖していた「喜婚男」について語られた本はかつてなかったのでは? なお、本書にまとめられているそれぞれの男性の詳細な特徴は以下のとおり。 ○ 「喜婚男」の特徴?妻への愛をテレないで堂々と語ることができる?オウチで過ごす時間が一番好きで大切にしている?子育ては今しかできない、と一生懸命に頑張る?自分なりにこだわる得意な家事があり、面倒とは思わない ○ 「避婚男」の特徴?結婚に対してメリットを感じておらず、むしろデメリットが多いと感じている?オウチで過ごす時間が一番好きで大切にしている?ひとりで楽しめる趣味や生き甲斐を持っている?趣味や価値観が共通のココロの友?同志がいる 両者の共通点は、「オウチ」が彼らのサンクチュアリであるところ。…

ミニー・ドライヴァー、心理サスペンスへ出演

『ビューティフル』のミニー・ドライヴァーが、心理サスペンス『ザ・バージン・オブ・ファレス』へ出演することが決まった。同作は、テキサス州エル・パソと国境を挟んだメキシコの町シウダー・ファレスで実際に起きた事件を基にした映画で、ドライヴァー扮するアメリカ人記者がシウダー・ファレスで連続して起きている女性殺害事件の真相に迫るストーリー展開となる。『アマロ神父の罪』のアナ・クラウディア・タランコンと『ブレイブハート』のアンガス・マクファーデン、『コーリング』のジェイコブ・ヴァーガスも共演し、監督はTV界出身のケヴィン・ジェームズ・ドブソンがあたる。

Page 1 of 1,27512345...102030...Last »